アンプルールのピンポイント美白美容液はシミに効く?

40代に人気のピンポイント美白美容液は
アンプルールのラグジュアリーホワイト
コンセントレートHQ110です。

通称『シミ消しゴム』と言われている
ハイドロキノン高配合スポッツ美容液で
アンプルールは美白化粧品ランキングでも
常に上位を争っているシミ美容液。

ちなみに、あの18歳に見える美魔女の
水谷雅子さんも愛用されていて
『シミに夜通し集中美白』してるそうですよ。

美白美容液は色々な種類がありますが
出来てしまったシミを消す
シミを薄くするスポット美白と
くすみを消してお顔を明るくする
美白スキンケアがありますが

シミを消す、薄くする場合には
お顔全体のトーンUPの美白と
シミの集中美白の両方が必要だと思います。

アンプルールのトライアルセットは
その両方の美白が試せるので
一石二鳥の美白トライアルセットです。

その理由の一つは
ラグジュアリーホワイトのシリーズの全て
洗顔料やクレンジングにまでも
美白成分のハイドロキノンが

高配合されているからです。

シミを薄くしたい、シミを消したい
という方は、ハイドロキノン美容液は
試してみる価値はありますよ。

ハイドロキノンの美白効果は
ビタミンCの100倍もあると言われていて
美容皮膚科でシミを消す治療でも使われてます。

美容クリニックでは皮膚をピーリングして
ハイドロキノンをお肌の奥に
しみ込ませる方法なのですが
素人が、自宅で美白スキンケアとして行うのは
とても難しい方法なんですね。

なので自宅でシミ化粧品でケアするなら
美白コスメとして販売されている
安定型ハイドロキノンが安心です。

ちなみに、カネボウの白斑事件の成分は
「ロドデノール」という成分で
ハイドロキノンではないです。

たまにハイドロキノンで
白斑の心配してる方がいらっしゃいますが
ハイドロキノン・モノベンジルエーテル
通称ベノクインクリームとハイドロキノンは

違う成分なので勘違いかなと思います。

名前は似てるけどまったく違う成分です。

マイケルジャクソンが
肌を漂白するのに愛用していたのは
ハイドロキノン・モノベンジルエーテル
通称ベノクインクリームです。

彼は肌がまだらになる病気だったので
肌の色を均等にするために
ベノクインクリームで漂白してたのですが
美容関係者の間では有名な話。

ハイドロキノンと
ハイドロキノン・モノベンジルエーテルは
まったく別の成分なのでハイドロキノンとは
全然別の成分なんです。

アンプルールのハイドロキノンは
2014年モンドセレクション金賞受賞し
更に「ウォブクリニック中目黒」という
美容クリニックの委員長が開発した
ドクターズコスメなので安心です。

熱に弱く酸化しやすい
ハイドロキノンの美白効果はそのままに
改良されてますので効果抜群です。

↑お顔全体を明るくトーンUP
してくれる美白美容液で
お顔全体がくすみ抜けして
明るいお肌になります。

ハイドロキノン単体では
肌への浸透が弱いのが
弱点なのですが。。。

浸透力やお肌への刺激に関しても
マイクロカプセルでハイドロキノンを
コーティングすることで
肌表面に、ハイドロキノンが直接触れず
お肌の奥へ届けるよう作られてます。

私は、敏感乾燥肌なので美白化粧品では
かなり失敗もしていますが

アンプルールの美白化粧品を使って

ピリピリしたり美白コスメにありがちな

肌荒れや乾燥などはないので安心して

毎日使うことが出来てます。

シミ専用スポット美容液は
アンプルールの中でも最も高い濃度で
ハイドロキノンが高配合されてます。

テクスチャーはヴァセリンみたいに濃厚で
肌に馴染むとサラサラで浸透は早いです。

ピタッとガンコなシミや
そばかすに密着し
まるで見えない絆創膏のように
メラニンを封印してくれるのです。

シミ消しゴムはピンポイントでしか使わなかったのでトライアルのスポット美白美容液は
3週間使えました。

結果これだけシミやニキビ跡が目立たなくなっ

たので、ピンポイント美白美容液は現品リピした位お気に入りのスポッツ美容液です。

シミやニキビ跡が気になる場合は

お顔全体に美白美容液を使い

更に、ピンポイント美白美容液を使うのが

1番良いと思いました。

それに、アンプルールのトライアルで

ラインで使用したおかげなのか
お顔も全体的にくすみ抜けして

明るくなったので個人的には満足してます。

【トライアルキット内容】

●クレンジング
●洗顔
●化粧水
●美白美容液
●美白スポット美容液

現品は、 10,800円と高価な美容液ですが
ラグジュアリーホワイトの
トライアルキットの中に入っているので
送料無料 1,680円でお試し出来ます。

合う合わないは人それぞれなので
初めてさんは、現品購入する前に
トライアルで試してからの
現品購入が得策です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする